効率化を図りたいならマニュアル制作会社に依頼しよう

取り扱い説明書は手間がかかる?マニュアル制作会社の手を借りよう

Get advice

双方のメリット

第三者に依頼するのがいいのか自分たちで作った方がいいのか迷っているのであれば、双方のメリットを把握しておくと良いでしょう。そうすることによって、後悔することなくマニュアルを完成させることが可能です。

違いを徹底解析

自分でする

誰にも知られたくない製品を作っている場合は自分で行なった方がいいかもしれません。特に、外部にもれたくない特許商品などのマニュアルは会社で作製することによって、秘密を守ることができるでしょう。

業者に依頼

業者に依頼することによって、圧倒的にスピーディーに仕上がります。また、目利きのいいプロがいるので、ミスを無くすことも可能となっていますし、読み手にも伝わりやすく作製することができるでしょう。

効率化を図りたいならマニュアル制作会社に依頼しよう

パソコンを触る人

取り扱い説明書

写真を入れたり、細かい説明を書くことにより、より利用者がスムーズに商品を使うことが可能となっています。そのためには数週間から数カ月の時間がかかってしまう可能性もあるので、マニュアル制作会社の専門業者に依頼すると良いでしょう。

パソコンを操作する人

サービスマニュアル

機械のメンテナンスをする時には一度分解してから再び元に戻すといった作業をしなくてはなりません。それもしっかり記載されていないと事故や火災の原因となってしまうので、知識が豊富なマニュアル制作会社と契約するべきです。

分かりやすさと安全性

説明書であれ、サービスマニュアルであれ誰が読んでも分かるように仕上げなくてはなりません。そして、正確性を高めることは安全性にも繋がるので、顧客が安心することができるようになるでしょう。

広告募集中