電話代行をすれば人件費を削減できる「導入するべきシステム」

今すぐ電話代行を利用するには《業者の選び方》

Get advice

利点がある

導入するからには何かしらのメリットがあるので、どのようなことが契約する結びとなったのか知っておくと良いでしょう。その場合は、下記に書かれているランキングを参考にするといいかもしれません。

取り入れた決め手ランキング5

no.1

会議がスムーズ

電話が鳴ってしまうと誰かしら一人が会議室から退席して電話対応をしなければなりませんでした。しかし、代行することによって、その必要がなくなり、円滑に会議を進めることができるようになるでしょう。

no.2

人件費がかからない

業務がいくつもあり忙しい会社ですと電話に対応している時間さえももったいないと感じてしまいます。その間他の業務を遂行することができますし、人件費を削ることもできるので、利用されているのです。

no.3

すぐ出られる

オフィスが閉まっている日に大切な取引先から電話がかかってきても出ることができなければ話がなかったことになるかもしれません。ですが、電話対応が年中無休でできるところならそういった事態にはなりません。

no.4

説明をしてくれる

商品を購入したとして使い方が分からないと電話がかかっていた時に、知識がない従業員が出てしまうと話がもつれてしまいます。業者にマニュアルを渡していればそういったトラブルも起こらなくなると言えるでしょう。

no.5

信頼度が高まる

会社が営業していない時でも業者が丁寧に対処してくれるので、信頼度をあげることができます。仕事をする上では信頼が何よりも鍵になってくるので、電話代行を取り入れない手はないと言えるでしょう。

電話代行をすれば人件費を削減できる「導入するべきシステム」

電話

初回無料が嬉しい

いくら評判を聞いていても自分の目で確かめないと納得できない場合があります。そういった場合は、初回なら利用料がかからない電話代行にするという手段があります。お金をかけずに良し悪しを調べることができるので、一石二鳥と言えるでしょう。

料金について

電話代行の料金はプランによって異なっており、一番安いスタートでは毎月7500円から利用することが可能となっています。反対に、一番高いプランでは60000円からとなっています。また、中間が良い場合は15000円も存在します。

サービス

料金が高い理由として、いろいろなサービスが組み込まれていることが挙げられてます。例えば、24時間いつでも転送をすることができたり、メールを送受信することができたりします。一日中連絡が取れれば仕事で忙しい方でもいつでも利用することができます。このように機能が充実している電話代行の業者を見つけると良いでしょう。

外国語も対応

日本以外の企業と取引をしている場合は英語や中国語などの外国語が判っていた方が断然有利です。しかし、従業員が日本語しか喋ることができない場合は、外国語に対応している電話代行を利用すると良いでしょう。

比較することが大切

1社だけの見積もりを取ってすぐに決定をすると後で痛い目を見ることがあります。そうならないためにも、3社以上の料金やサービス内容を調べてから本格的な契約をすることによって、会社の負担を減らすことができるでしょう。

広告募集中